糖尿病を防ぐ運動糖尿病を防ぐ運動について説明
糖尿病を防ぐ運動

糖尿病を防ぐ運動

↓美肌の切り札↓

将来はボロボロ肌!?
アナタのお肌年齢は?

糖尿病を防ぐ運動について説明いたします。

糖尿病を防ぐには、無理のない、適度な運動も必要です。

運動をしないと筋肉はやせて、体重が少なくても脂肪の多いからだになってしまいます。

これを「かくれ肥満」といいます。
かくれ肥満は、基礎代謝が減ってしまうので、さらに脂肪がつきやすくなります。



運動をすることでからだについた中性脂肪を減らしたり、筋肉をつけて基礎代謝の多いからだを作ることが必要です。



病気を防ぐ運動は、からだがきついと感じるほどの運動は必要ないです。

以下のような工夫で基礎代謝が上がります。



糖尿病を防ぐ運動

糖尿病を防ぐ運動
  • 外出するとき、少しだけ早めに歩く

  • 遠回りして歩く距離を増やす

  • 買い物は歩いて、買いだめをせずこまめに行く

  • 3階までなら階段を使う

  • 1日1万歩を目標に歩く

  • 週に1度くらいは、隣の駅まで歩いてみる

  • 周囲の風景などを楽しみ、観察しながら歩く

  • テレビを見ながら、ストレッチをする

  • 泳げなくても、水中を歩く

  • 簡単な工夫で、基礎代謝は上がりますが、HGH摂取による方法もあります。

    アンチエイジング情報が充実

    若返りアンチエイジングへもどる


    Copyright (C) 2008
    若返りアンチエイジング.biz
    All Rights Reserved.