脳卒中は生活習慣病脳卒中は生活習慣病について説明
脳卒中は生活習慣病

脳卒中は生活習慣病

↓美肌の切り札↓

将来はボロボロ肌!?
アナタのお肌年齢は?

脳卒中は生活習慣病についてお話いたします。

脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気です。


脳卒中になると急に倒れて意識がなくなったり、半身のマヒが起きたり、ろれつが回らなくなったりする発作が起きます。

前触れとして先に起こることとして一時的な半身のマヒや手足のしびれ、ものが二重に見える、ちょっとの間、言葉が出てこなくなったりすることもあります。
これは脳の血管が一時的に詰まるために起こるもので、これに気づくことで大きな発作の前に治療をすることもできます。
しかし気づかないことが多いです。

前触れに気づかない場合、発作が起こります。



脳卒中は生活習慣病

脳卒中は生活習慣病発作により脳の、詰まったり破れたりした部分が司っていた、からだの働きができなくなります。
つまり、からだの片側がマヒしたり、言葉が出なくなったり、ものが飲み込めなくなったりします。
発作の後、寝たきりになると、使わない筋肉がこわばって動かなくなるという合併症も出ます。

発作後の治療やリハビリでかなり回復します。
ただ治療やリハビリが遅れると、その分、回復が難しくなります。

アンチエイジング情報が充実

若返りアンチエイジングへもどる


Copyright (C) 2008
若返りアンチエイジング.biz
All Rights Reserved.