脳卒中の種類脳卒中の種類について説明
脳卒中の種類

脳卒中の種類

↓美肌の切り札↓

将来はボロボロ肌!?
アナタのお肌年齢は?

脳卒中の種類についてお話いたします。

脳梗塞

脳を養う血管が詰まるタイプの脳卒中で、3種類あります。

(1) 「アテローム血栓性梗塞」:脳の太い血管の内側にドロドロのコレステロールの固まりができて、血小板が集まって動脈をふさぎます。

(2) 「ラクナ梗塞」:脳の細い血管に動脈硬化が起こり、詰まってしまいます。

(3) 「心原性脳塞栓症」:心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさぐなどがあります。脳卒中死亡の60%以上を占めます。


脳出血

脳卒中死亡の約25%を占めます。
脳の中の細い血管が破れて出血し、神経細胞が死んでしまうタイプの脳卒中です。
高血圧や、年をとって脳の血管が弱くなり、血管が破れることが原因となる場合が多いです。
日中、活動しているときに、頭痛やめまい、半身マヒ、意識障害などが起こります。



脳卒中の種類

脳卒中の種類くも膜下出血

脳卒中死亡の10%強を占めます。
脳をおおっている3層の膜(内側から、軟膜、くも膜、硬膜)のうち、くも膜と軟膜のあいだにある動脈瘤が破れ、膜と膜の間にあふれた血液が脳全体を圧迫します。
動静脈奇形が出血の原因の場合もあります。
突然激しい頭痛、嘔吐、けいれんなどが起こりやすく、意識がなくなり急死することもあります。

一過性脳虚血発作

脳の血管が詰まるタイプのうち、24時間以内に回復するものです。
脳梗塞の前触れ発作ともいわれています。
一時的に片方の目が見えなくなったり、ろれつがまわらない、半身がいうことをきかなくなるなどの症状が起こります。
再び血液が流れると症状もなくなります。
アンチエイジング情報が充実

若返りアンチエイジングへもどる


Copyright (C) 2008
若返りアンチエイジング.biz
All Rights Reserved.