基礎代謝量の低下で太る基礎代謝量の低下で太るについての説明
基礎代謝量の低下で太る

基礎代謝量の低下で太る

↓美肌の切り札↓

将来はボロボロ肌!?
アナタのお肌年齢は?

基礎代謝量の低下で太るについてお話いたします。

20代後半から30代になり、太りやすくなったと思いませんか?

これは、基礎代謝量が低下しているためです。

基礎代謝量は、10代後半をピークに年々減ってゆきます。

人には基礎代謝という体温維持や呼吸、心臓を動かすなど生命維持のみの目的に必要なエネルギー消費をします。
基礎代謝とは24時間じっとしていても、勝手に消費してしまうエネルギーなのです。


基礎代謝量の低下で太る

基礎代謝量の低下で太る太る原因は、基礎代謝を上げていた骨格筋の低下にあるといわれており、20代から始まります。

人は、加齢とともに太りやすい体になるわけです。

年齢とともに基礎代謝量が減少するのであれば、食事による摂取カロリーを減らすか、運動量を増やすダイエットが必要です。

摂取エネルギーで、使わなかった残りは体内に脂肪として蓄積してしまいます。

基礎代謝量の低下は、HGH(成長ホルモン)と深い関わりがあります。

若返りアンチエイジングへもどる


Copyright (C) 2008
若返りアンチエイジング.biz
All Rights Reserved.