基礎代謝量の低下と脂肪増加基礎代謝量の低下と脂肪増加についての説明
基礎代謝量の低下と脂肪増加

基礎代謝量の低下と脂肪増加

↓美肌の切り札↓

将来はボロボロ肌!?
アナタのお肌年齢は?

基礎代謝量の低下と脂肪増加についてお話いたします。

基礎代謝量の低下とともに、内臓脂肪が増加していきます。
内臓脂肪の増加は見た目からではなかなか見分けがつかず、軽くみられがちです。

内臓脂肪の増加は隠れた肥満として、生活習慣病の温床となります。

見た目細い人でも、生活習慣病になってしまうのは、内臓脂肪の増加に原因があります。


基礎代謝量の低下と脂肪増加

基礎代謝量の低下と脂肪増加内臓脂肪の増加には、HGH(人成長ホルモン)が大きく関わっているといわれています。

HGH(人成長ホルモン)には強力な脂肪分解作用があります。
成長ホルモンにより脂肪組織を取り除く、筋肉の断面積を増ふやすので、体脂肪、特に内臓脂肪を減少させます。

10代の頃に太りにくいのは成長ホルモンによる脂肪分解作用によるものです。
10代では成長ホルモンが多く分泌するため基礎代謝量以上の食事を続けても、40代の頃よりも太りにくいのです。

HGH(人成長ホルモン)は、10代をピークに減少していきます。

成人の場合で、自然にHGH(人成長ホルモン)を増やすことは困難です。

HGH(人成長ホルモン)の分泌はサプリメントによって増やすことが出来るので、ダイエット効果が期待できます。

若返りアンチエイジングへもどる


Copyright (C) 2008
若返りアンチエイジング.biz
All Rights Reserved.