心臓病を防ぐ食べ方心臓病を防ぐ食べ方についての説明
心臓病を防ぐ食べ方

心臓病を防ぐ食べ方

↓プラセンタ今だけ↓
伝説のサプリ入荷!!
マズはお試し\1980

心臓病を防ぐ食べ方についてお話いたします。

心臓病の予防には、危険因子である高血圧、高脂血症、喫煙、高血糖が4大危険因子だから、血圧と血液中の脂質を正常に保つことが重要です。
高血圧を防ぐためには減塩が大切です。高脂血症を防ぐには、動物性の脂肪や炭水化物、甘いものをとりすぎないことです。具体的な減塩法の薄味に慣れることやコレステロールを増やさないための注意については、
薄味に慣れるには

  • 減塩しょう油を使う

  • 天然のだしをいかす

  • ハーブや香辛料で味付けする

  • 酢や柑橘類など、酸味を利用する

  • 味見をせずにいきなり調味料を使わない

  • 甘味が濃いと塩分も濃くなりがちなので、砂糖やみりんの量を控える

  • ようにしましょう。



    心臓病を防ぐ食べ方

    心臓病を防ぐ食べ方コレステロールを増やさないためには

  • 乳脂肪をとりすぎない

  • 卵黄は1日1個程度にする

  • 即席麺やスナック類などを控える

  • チョコレートなど、甘いものは控えめにする

  • 肉(とくに脂身)を控える

  • 揚げ物や炒め物は、植物性の油を使う

  • 青背の魚を積極的にとる

  • 食物繊維を含む食品をとる

  • ことに気をつけましょう


    たばこは、多くの生活習慣病の危険因子です。
    健康のためにはぜひやめたほうがいいです。
    たばこは自分だけでなく、周りにも悪影響がでてしまうところを意識しましょう。



    高血糖はよけいなエネルギーをとりすぎないことが大切です。
    ↓美肌の切り札↓

    将来はボロボロ肌!?
    アナタのお肌年齢は?

    若返りアンチエイジングへもどる


    Copyright (C) 2008
    若返りアンチエイジング.biz
    All Rights Reserved.