心臓や血管等の病気(循環器病)の危険因子心臓や血管等の病気(循環器病)の危険因子についての説明
心臓や血管等の病気(循環器病)の危険因子

心臓や血管等の病気(循環器病)の危険因子

↓プラセンタ今だけ↓
伝説のサプリ入荷!!
マズはお試し\1980

心臓や血管等の病気(循環器病)の危険因子についてお話いたします。

高血圧

喫煙

高コレステロール血症

糖尿病

高齢(男性60歳以上、女性65歳以上)

若年発症の心血管病の家族歴 等

高血圧の状態が続くと、たとえば、心臓は過重労働に対応しようと心筋をふやし、大きくなります(心肥大)。

血管(主に動脈)は、高い圧に負けまいとして壁を厚くします。

高い圧力によって血液の成分が動脈の内壁に入りこんで、それにコレステロールが加わるなどして動脈硬化を起こしてくる動脈硬化は全身に起こります。
血液の流れが悪くなると、多くの血液を必要とする臓器である脳や心臓等に、害が及ぶこととなります。


心臓や血管等の病気(循環器病)の危険因子

心臓や血管等の病気(循環器病)の危険因子心臓の筋肉に酸素と栄養を運ぶのは冠動脈(冠状動脈)と呼ばれる血管ですが、硬くなると血液の流れが滞り、そこに血のかたまりができやすくなります。
血管が詰まって心筋が血液不足になるのが、虚血性心臓病(狭心症や心筋梗塞)です。

脳の動脈が硬くなると、心筋梗塞と同じようなプロセスで脳梗塞が起こってきます。
硬くなった細い血管はもろくなります。
もろくなった血管に高い圧力がかかると脳の血管が破れて、脳出血が起こります。
脳梗塞と脳出血など脳の血管の障害が原因となって脳が正常に働かなくなるのを脳卒中といいます。
虚血性心疾患と脳卒中、どちらも、一度に大きな発作が起こると、命にかかわることがある、おそろしい病気です。
↓美肌の切り札↓

将来はボロボロ肌!?
アナタのお肌年齢は?

若返りアンチエイジングへもどる


Copyright (C) 2008
若返りアンチエイジング.biz
All Rights Reserved.