塩分を摂らない工夫12か条@塩分を摂らない工夫12か条についての説明
塩分を摂らない工夫12か条@

塩分を摂らない工夫12か条@

↓プラセンタ今だけ↓
伝説のサプリ入荷!!
マズはお試し\1980

塩分を摂らない工夫12か条@は以下の通りです。

1.薄味に慣れる

塩味の薄い食事に慣れることです。
調味料になるべく頼らないで、薄味に慣れてくると、素材の持ち味が分かるようになります。
塩分計などを用いて、自分の味を確認するのも良いでしょう。


2.漬け物・汁物の量に気をつける

塩分の多い漬け物や汁物は、食べる回数と量を減らしましょう。
漬け物は浅漬けか、塩出ししたものにします。
汁物では野菜などの具の多いものにすれば、1回にとる汁の量が少なくなります。
麺類を食べるときは、汁は残しましょう。


3.効果的に塩味をつける

献立にはいろいろな味付けを利用し、塩味は効果的に使うようにしましょう。
塩は食品の表面にさっとふりかけると少なくても塩分を感じることができます。


塩分を摂らない工夫12か条@

塩分を摂らない工夫12か条@4.かけて食べる」より「つけて食べる」

しょうゆやソースなどは、かけて食べるより、つけて食べたほうが塩分の摂取量が少なくて済みます。

5.酸味を上手に使いましょう

酸味を上手に使って、献立の味付けに変化をつけると、塩分を減らすことができます。
レモン、すだち、かぼすなどの柑橘類や酢などを和え物や焼き物に利用しましょう。

6.香辛料をふんだんに使う

とうがらしやコショウ、カレー粉などの香辛料は、塩分調節の強い味方です。
↓美肌の切り札↓

将来はボロボロ肌!?
アナタのお肌年齢は?

若返りアンチエイジングへもどる


Copyright (C) 2008
若返りアンチエイジング.biz
All Rights Reserved.